井野瓦工業株式会社

防災瓦やパーフェクト工法など屋根瓦製品紹介。太陽光発電・LIXILリクシル商品など。

文字サイズ小中大


COLORS


















 
     NHK東海NEWSWEB に掲載されました。 2016/06/14   
NHK東海NEWSWEB(http://www3.nhk.or.jp/tokai-news/)に、2016年5月31日放送『地震に負けない屋根瓦』の取材記事が掲載されました。

『地震に負けない屋根瓦』
一連の地震で住宅の屋根に被害が相次いだ熊本では、梅雨入りを前に瓦の復旧作業が急がれています。
しかし、今回の地震を受けて、住民の中には瓦は地震に弱いというイメージを持つ人もいます。
こうしたなか、新しい工法で瓦の耐震化に取り組む愛知県の瓦業界を名古屋放送局・野村祐介カメラマンが取材しました。(NHK 2016年5月31日放送)

http://www.nhk.or.jp/nagoya/websp/20160531_yanegawara/

 
    謹んで熊本地震による災害のお見舞いを申し上げます。 2016/04/15   
熊本地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみ申し上げるとともに、被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。

 
    復興住宅支援金交付について 2015/04/01   
岩手県・宮城県・福島県で東日本大震災により被災し、新築または全面葺き替えを行う復興住宅で屋根に三州瓦を使われる建築主様へ、愛知県陶器瓦工業組合より支援金を交付させていただきます。

■詳しくはこちら→ http://www.kawara.gr.jp/2015huko/

 
    三州瓦設計補助金交付について 2015/04/01   
三州瓦を使用した公益社団法人愛知県建築士事務所協会の会員事務所の設計する建物で屋根面積 (三州瓦使用面積)が70m2以上の物件へ、愛知県陶器瓦工業組合より補助金を交付させていただきます。

■詳しくはこちら→ http://www.kawara.gr.jp/2015plan/

 
    現代建築と瓦 建築セミナー in SENDAI 2015/02/09   

IKK_15.pdf
多くの建築士・住宅建築関係者さまに瓦の安全性と優れた特性を知っていただくセミナーが実施されます。

瓦屋根が生み出す日本の美しい風景は、日本建築美の象徴であるとともに、その高い耐久性から、日本の家屋を守り続けて来ました。瓦が日本で使われ始めて1400年。過酷な自然環境にさらされる屋根材として、瓦以上に適性の高い材料は未だ現れていません。近年ではデザインのバリエーションも増え、純和風建築はもちろんのこと、現代和風建築、洋風建築にも、瓦ならではの質感が住宅に重厚感・高級感を生み出しています。
しかしながら、長引く不況による住宅市況の低迷や消費増税後の反動、さらには金属屋根など他屋根材の攻勢もあり、瓦の需要が低下しております。愛知県陶器瓦工業組合では、地震、台風などの災害に強い施工方法「ガイドライン工法」を推奨し、また“瓦は色あせない。再塗装不要”など耐久性の高さから、長い目で見れば経済性の高い屋根材であることを、設計士の皆様をはじめ、建築業界の皆様にPRさせていただき、「三州瓦」の需要喚起を図りたいと考えまして、当セミナーを開催いたします。万障お繰り合わせのうえ、是非ともご参加頂きたくご案内申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日 時 : 平成27年3月20日(金)15:00〜17:00(開場14:30)
会 場 : 仙台市情報・産業プラザ(6F/セミナールーム[2])
参加費 : 無料(事前登録制)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

■第1部 : 基調講演
「亀山市立関中学校の設計について」
(「第16回甍賞 瓦屋根設計コンクール 金賞(経済産業大臣賞)受賞」物件)
講 師:高橋 政志 氏(たかはし まさし)
(株式会社石本建築事務所 名古屋支所 部長[一級建築士])

■第2部 : 三州瓦プレゼンテーション
愛知県陶器瓦工業組合および全日本瓦工事業連盟の講師による、瓦と瓦屋根についての解説・紹介を実施いたします。
瓦の歴史から、形状の違いや施工方法など、質疑応答も交えてお応えいたします。


PAGE TOP

防災瓦やパーフェクト工法など屋根瓦製品紹介。太陽光発電・LIXILリクシル商品など。


井野瓦工業株式会社

井野瓦工業株式会社    〒444-1314  愛知県高浜市論地町4丁目8番地1  TEL 0566-52-1611 (代)  FAX 0566-52-1613